トップ書籍野菜レシピメディア出演イベントプロフィール事務局ブログお問い合わせ

『野菜嫌いがなくなる魔法のレシピ』好評発売中!

史上最年少野菜ソムリエ「森之翼」が書いた野菜レシピ本が、TV、ラジオ、新聞で話題に。野菜嫌いの子供はもちろん、苦手ではない大人が食べても「おいしい!」と大絶賛!


野菜レシピ本 ボクは9才の時、史上最年少野菜ソムリエを取得しました。
よく、取材などで、野菜が好きですか?って、聞かれます。 もちろん、今は好きだけど、前から好きだったわけじゃないんです。
実は、ボクも普通の子供と同じように、嫌いな野菜がありました。

ピーマン、嫌い。レタス、食べられない。ネギの薬味なんて、今でも、全部、とって食べていますよ。
でも、野菜ソムリエになって、レシピのことを勉強しながら、工夫して調理していたら、少しずつ食べられるようになっていきました。

そんな自分の経験を生かして、子供の目線から、無理なく食べられる野菜レシピを提案しています。
子供が嫌いな野菜ワースト10をあげて、それをおいしく調理するレシピのポイントを紹介し、料理の作り方を写真入りでわかりやすく掲載しました。

苦手な子はもちろんですが、野菜が食べられる子にも、おいしく食べられる料理が満載です。



アマゾンで買うには
このバナーをクリック↓
楽天ブックスで買うには
このバナーをクリック↓


<本が好き! 書評より抜粋>

このレシピ本、嫌いな野菜を料理に隠してしまうのではなく、翼くんが小学校6年生らしい文体で、素材の栄養、健康効用について教えてくれ、独特の苦味等の苦手要素が緩和できる調理方法を提案することで、その野菜自体が好きになっていくような作りになっている。

小学生目線の文体もそうだが、旬の時期や選び方、保存方法などの基本情報もわかりやすく掲載されているので、翼くんと同年代くらいの子供と一緒に読みながら作るのにもってこいの本だ。

試しにワースト7位の長ネギを素材にした「焼きネギ肉豆腐」を今晩作ってみた。
普段であれば、長ネギはただ適当にきって煮込んでしまうが、翼くんの提案で長ネギを魚グリルで表面が焦げるまで焼き、一番外側は硬いので、一皮向いてからきって煮込んでみた。

ネギは焼くとにおいや辛味が和らぐらしく、確かになんと甘いネギ!外側も一皮むくことで、口当たりがやわらかくなる。

こんな一工夫で、苦手な野菜が少しずつ克服されていくなら正しく魔法のレシピだ!





この本では、子供が嫌いなワースト10をあげて、
野菜レシピを紹介しています。

◆ピーマンがたっぷり食べられる!

Wチーズのピーマン焼きおにぎり
Wチーズの焼きおにぎり
下のチーズはカリッと。上のチーズはトロッとしていて、
2つのチーズの味が楽しめるよ。
こがししょう油が香ばしい!

ピーマンの温玉カレー
ピーマンの温玉カレー
ピーマンとひき肉がとっても合うんだ。
とろとろの温泉玉子も簡単に作れるよ!






◆にんじんが甘いんだ!

にんじんの塩焼きそば
にんじんの塩焼きそば

にんじんのチーズチャーハン
にんじんのチーズチャーハン






◆なすっていい味しているよ!

なすの京風親子丼
なすの京風親子丼
だしがきいていて、甘くない京風親子丼。
茶わん蒸しをご飯にかけて食べるような感じかな。
和風だしを吸い込んだナスがおいしいよ。

なすのオムスパ
なすのオムスパ
ナスが入っているミートソースは、やさしい味になるよ。
とろとろ玉子との相性もバツグンだよ。






◆トマトはクセになるおいしさだ!

トマトのブルスケッタ
トマトのブルスケッタ

トマ玉丼
トマ玉丼


他にも、ネギ、小松菜、キュウリなどのレシピも載っているよ。


アマゾンで買うには
このバナーをクリック↓
楽天ブックスで買うには
このバナーをクリック↓



子供の気持ちがわかっている、子供ならではの
発想なので、子供に「おいしい!」と絶賛されているのです!


◆ピーマンじゃこ焼きそばの試食会


子供が大絶賛
じゃこ焼きそば じゃこ焼きそば

ピーマンが全然、食べられなかった子が、「おいしい!」と言って食べてくれて、お代わりまでしてくれました。

うれしかったな!

ピーマンがおいしい!と子供が大絶賛!


コメント


コメント

アマゾンで買うには
このバナーをクリック↓
楽天ブックスで買うには
このバナーをクリック↓