トップ書籍野菜レシピメディア出演イベントプロフィール事務局ブログお問い合わせ

野菜ソムリエプロ:森之翼(もりのつばさ)

森之翼<プロフィール>

名古屋市出身。2000年6月生まれ。大学生

グルメプロデューサーの父に連れられて、幼少より国内外の美食めぐりを体験。
2歳で、「燕の巣」「熊の手」「ラクダのコブ」など、本場北京の満漢全席を手づかみでかぶりつき、「うまッ!うまッ!」と言って、平らげてしまった。
3歳の時、嫌いだったキュウリを、畑で自分でもぎ取って、まるかじりして好きになり、その時の「新鮮な野菜のおいしさ」が忘れられない。

また、自然が大好きで、森を探検したり、ザリガニ釣りをして茹でて食べたり、野草を取って調理したりしている。

2010年2月、CBCふるさと市民エコジャーナリストでグランプリ受賞。

2010年4月、史上最年少の9歳で野菜ソムリエを取得。
500点満点中468点の高得点で1発合格。

2015年2月、難関と言われる野菜ソムリエプロにも、史上最年少の14歳で1発合格しました。

2019年4月、発酵ライフアドバイザーを取得。

NHK「あさイチ」、TBS「はなまるマーケット」、CBC「イッポウ」「ゴゴスマ」、東海テレビ「スタイルプラス」、メ〜テレ「ドデスカ!」に出演。テレビ朝日系列「ハナタカ!優越館」には2017年から、現在まで出演中。

収穫 好きなことに夢中になるタイプで、先日、ゴボウ掘りに夢中になって、土を深さ1.5mまで黙々と掘り続け、1時間半かけて、長さ1mのゴボウを掘り出した。

四柱推命で占うと「食神」の星で、美食家が多く、食に関しての才にたけているという。

岐阜県の農業小学校に5年間通い、野菜作りを学ぶ。

「美味しんぼ」全109巻、「クッキングパパ」全121巻を読破。

今までに1300以上の野菜レシピのアイデアを考案。
既成概念にとらわれない大胆な発想は、大人もびっくりのおいしい野菜レシピばかり。

現在は食専門の大学に通い、野菜と発酵という視点で、食の豊かさと新しい可能性を研究している。